旅行

ロンドン旅行

結婚式の前日に私と妹、おとさまは
ホテルへ移動。
妹が素敵なホテルを取ってくれましたー(*^◯^*)
2014-10-02-16-30-11
チェックアウトの時にやっと撮れた外観。素敵だったー。
内装も豪華でトイレが流れにくい事を除けばパーフェクト(^。^)b


2014-10-02-16-29-20
部屋も広くて快適♪


海外の式なので、妹ハズとは別行動。朝はホテルからあちらのお父さんが手配してくれたクラシックなロールスロイスで教会まで行く。
80年前の車なのでウィンカーがなく手で合図出してたー(^。^)
シートベルトもないw

ロールスロイスの写真!て載せたいけど、バッタバタで撮る時間もなくww

教会から披露宴?会場に移動!
2014-10-02-16-30-33
…。
…小屋じゃないよ。
私、写真送られて来た時、小屋?って聞いたけど。前日撮ったから閑散としてるけど。
この街で一番古いパブらしい。
お向かいにあるパブはとても素敵だったー。天井低くてロードオブザリングに出てきそうw
2014-10-02-16-30-49
内装…、お客さんで賑わってて撮り辛かった(;^_^A

そしてすぐ披露宴始まるのかと思ったら写真撮影タイム。
実にフリーダムである。
60人前後の人が庭で喋ったり写真撮ったり話したりしている。
妹の友達の日本人の女の子が5人程いたのでとっ捕まえて話したり、通訳してもらいながらその場を凌ぐ…(*_*)
「君、今日私とおとさまの通訳係な!」
と、勝手に任命されたNちゃんとあまりに長い撮影会に時間を持て余し「とりあえずトイレから帰って来る頃には皆会場にポツポツ入り始めてんじゃない?」とのんびりトイレに行って帰って来るが、
依然撮影会。

これが、イギリス式かーー。

日本だと3時間位でパパっと終わるんだよね。時計を見るとまだ午後4時
(既に撮影会始まって軽く40分は越えていた…)
終了時間は夜11時…。

まだ、序章にしか過ぎなかったのである( ˘ω˘ )
あと7時間も何すんじゃ?と思ってる日本人多いはず。

ダンスタイムが5時間あるんだよ( ˘ω˘ )

ダンスっても社交ダンスではなくクラブのノリのあれですわ。
親族は座ってると踊ろうと誰かがお誘いしてくるので私は半分以上の時間を庭で過ごしましたww
ふと見ると妹ハズも外にいる( ˘ω˘ )

妹が妹ハズと私は似てるから気が合うはず。と言ってたけど、うん。確かに…。
庭から妹の元気に踊る姿を生温かく身守り披露宴も無事終了。

翌日ロンドンに帰りおとさまの誕生日をサプライズケーキでお祝い。
夕食食べたお店で、なんか甘いもの食べようかなーと言ってたら妹がこっそりサプライズケーキ用意するから。と言うのでお家まで我慢。
2014-10-05-19-20-05
妹ハズが適当に誤魔化してケーキとロウソクを買いに行ったのだが…、

甘い( ˘ω˘ )パサパサ( ˘ω˘ )
口の中の水分を全部持っていきやがる…。

やっぱりあのお店でスイーツ食べておけば良かった…。


翌日早朝私達は帰国、妹はハネムーンなので妹のパッキングを手伝って就寝。
無事帰国⊂((・x・))⊃

帰って来てから3日程ほとんど寝てた…。めっちゃ疲れてたみたい( ˘ω˘ )


ロンドン旅行

コッツウォルズに移動2日目。

昼前に起床。妹ハズのお母さんがベッドまでコーヒーとクッキー持った来てくれた。なんだろうこの至れり尽くせり感( ˘ω˘ )

コーヒー飲みながら着替えて、ダイニングでイギリスの朝食を食べてから部屋に戻って翌日の式の準備。

妹がせっせとウエディングケーキの持ち帰り用ボックスを折っている。
手作りウエディングだよー、と聞いていたが、本当に…手作り感満載だなおい…。
とりあえずこの手の作業は私も得意である。わしに任せろ!とおとさまを呼びつけ2人でせっせとボックス作り。
終わったら今度は教会で歌う讃美歌の用紙をふたつに折る作業。
昔昔コピー本を作っていた私にとっては造作もない事( ˘ω˘ )
妹が1枚1枚折るのを踏んで平らにしてくれとか言うので これも私に任せろ。とサクサク折る。
昔取った杵柄とはこれだな( ˘ω˘ )体が覚えていやがる…。

その後妹のブライズメイドしてくれる友達が駅に着くので迎えに行って、一緒に観光。
シェイクスピアの生家があるので見に行く。
2014-10-02-16-19-13
古いけど実にいい( ˘ω˘ )
住めと言われたら断るけど、とても可愛い…。

記念にみんなで撮ろうー!っておとさまに写真撮ってもらったのがこちら!
2014-10-02-17-02-57
知ってたけど、酷い…。せめて後ろの家をだな、屋根までだな( ˘ω˘ )
別に足先まで入れなくていいですけども…( ˘ω˘ )

シェイクスピアの生家の近くにシェイクスピアのお土産おいてるショップがあったのでそこで指ぬきを購入。

私の寝室に指ぬきコレクションがあり、行った場所の指ぬきを集めようと言う事で…、
2014-10-02-17-07-17
帰って入れておきましたー\(^o^)/

そしてコッツウォルズで有名な橋…を渡ったんだけど、写真撮るの忘れたね( ˘ω˘ )
白鳥の餌やりに夢中で。
2014-10-02-16-27-50
遠くからどんどん集まってくるーwww
そんな中、
2014-10-02-16-28-01
餌、ねーの?

白鳥って気高いイメージだけど所詮鳥でした( ˘ω˘ )

2014-10-02-16-28-36
その後シェイクスピアの像を…。
ななめ後ろから…。
手前のハムレットが好きだからという理由ではない。
正面に回るのが面倒だったからである…。我ながら酷い。

観光って途中で飽きるよね…。
ずっと白鳥に餌やりをしていたい。


つづく。

ロンドン旅行

昼からコッツウォルズの辺りに移動。
ロンドンから2時間程電車に乗りました。

2014-09-26-21-11-01
ベイカーストリートで乗り換えたのでホームズのシルエットをパシャリ。
この駅だけホームズのシルエットが見られます。

2014-09-26-21-11-31
よく見ると小さなホームズのシルエットで大きなホームズが出来ている…。
パイプの辺りのシルエットです。


駅に着いたら妹ハズのお父さんがお出迎え。映画に出てきそうなお父さんや。
フットボールしてそう。って言ったら、してたww昔選手だったそーな。

妹ハズの実家に帰る途中アンハサウェイの昔住んでいたお家に寄ってもらいました。数人観光客が見てるね。
2014-09-26-21-11-47
おとぎ話にでも出てきそうなめちゃかわいい家!!
古いので日本だと安く感じそうだけど、イギリスでは古くなると家の価値が上がるそうですよー。古いものを残しながら修復改築しながら住んでいるみたい。

日本は地震国だから考え方がまるで違うんだなー。

お家で家族とご挨拶した後ふらりと観光。
2014-09-26-21-12-15
なんか田舎来たーって感じだね。
ハウス食品アニメに出てきそうw

2014-09-26-21-13-18
プラプラと散歩。のどかで癒されるー。
そして尿意との戦い…( ˘ω˘ )
トイレを探すが…ない。
2014-09-26-21-13-35
しゃーないのでトイレ貸してもらうために入ったパブ。
飲み物頼んでトイレ行って庭でお茶しましたー。海外行くとトイレが本当ないから飲み物頼んでトイレ借りるシステムになっちゃうね。

2014-09-26-21-14-02
その後ブロードウェイに行きましたー。
イギリスについて初めての雨!
5分程ですぐ帰りますたww
2014-09-26-21-14-33
夕方なのでお店も閉まってて閑散としてたけど雰囲気のあるいいとこだったなぁ。

帰宅してみんなで食事。
食事の前に別室のリビングでお酒飲みながら談笑…。

私とおとさま以外。

何喋ってんのかほとんどわかんねー…( ˘ω˘ )
少しは聞き取れる位にならなきゃなぁ、と思いましたー。

30分程談笑してからダイニングに移動して食事開始。
何を言ってるのかほとんど分からんのでひたすら食べる私。緊張で食べ物が喉を通らないおとさま。
みんなただの日常の会話をしているので通訳に疲れて聞いて笑ってるだけの妹( ˘ω˘ )

英語。英語覚えよう。
2014-09-26-21-15-30
この日は妹ハズの実家でお泊り。
すんごいオシャレでびっくり。学校の美術の先生してたとかで部屋のインテリアとか配色が素敵だったなー。
ベッドメイキングも可愛くしてくれてて綺麗なベッドランナーにお土産のチョコレートと人形が置かれてて、どうやら妹が泊まりに行くといつも同じようにベッドメイクされているらしい。

こゆの、映画だけじゃなかったんだなぁ…( ˘ω˘ )

ただ、あれだね。お風呂のシャワーブースがしっかりドアで区切られていることがあまりないのでシャワーが寒くてね( ˘ω˘ )翌日からホテルだったからバスタブが恋しかったです…。

つづく。

ロンドン旅行

ロンドン6日目。

翌日からコッツウォルズの方に行くのでロンドン最終日。

夜からミュージカル見るだけのまったり予定。
妹ハズの友人の似顔絵をですね、前に描いたんだけど、ロンドンポリスなので「お礼は防弾チョッキくれ」と言っておいたんですが、ま、無茶な話でして( ˘ω˘ )
かわりにロンドンポリスのコインもらいましたー(*^◯^*)

2014-09-24-23-22-41
かっけーな。
前にFBIのコインももらったので合わせて飾っておこうと思います。

ところで、流石というか、海外のノリだなーと思うのは、非番の日に私服で歩いていると自転車乗った友人ポリスが後ろからバシッと肩を叩いて「もう全裸で女子更衣室に忍び込むなよ!」と言いながら去って行き、周りの人から白い目で見られるという遊びをしているらしく、やられた本人は堪らんでしょうが聞いてると実に楽しい人達だなぁと(^.^)

そして、この日のメインイベント。
2014-09-24-23-23-28
マイケルのミュージカル。
中は写真一切ダメぽいのでなんにも撮れませんでしたー。なので、パンフレット…( ˘ω˘ )
かなり良い席が取れて、前から3列目!
演者さん達とめっちゃ目が合うww
小さな劇場だけどほとんど埋まってたし3階席はオペラグラス欲しい位なのでラッキーでしたー(*^◯^*)

英語分からないからミュージカルはいいわーとか言ってたけど、妹がマイケル好きなら楽しめる。と言うので行ったけど行って良かったー!!
みんなむっちゃ歌うまいし段々マイケルそのものに見えて来て不思議な気分になりますた。
パンフレットにも写ってるけど、前傾するあのゼログラビティもしっかり見られます。生で見ると感動するなあれ。

2014-09-26-07-13-36
ルンルンで帰宅の途中。ピカデリーサーカスに寄りました。
綺麗に写真撮れてなす…。
前から思ってたけど、ピカデリーサーカスって名前面白いなー。なんでそうなったんだろーか??

この日の夕食は日本食を売ってるジャパニーズセンター(ジャパンセンターだっけ?)の肉まんと帰ってからポーランドの人達がよく食べるという麺スープを食べました。
そのジャパセンの肉まん買う時のレジの日本人のお姉さんがとんでもないマイペースさで、前の人のたこ焼きの鰹節を10秒位かけてふりかけていたりして(私が見てても宇宙空間で作業してるのかって言うスピードで)温和な妹がマジ切れしてたのが興味深かったですww

マイペースも考え物ですね( ˘ω˘ )

ロンドン編は終了ー。びっくりする位観光地行ってないけど3度目のロンドンなので今回はほぼブラブラ街歩きメインになりましたf^_^;

つづく。



ロンドン旅行

5日目の朝。アパート近くの別のカフェに行く。どこもカフェがオシャレで驚く(^.^)
2014-09-24-23-30-59

地下に行くと机の代わりに旅行カバンが置かれてたり、シートごとにアイテムが変わってて面白い(^ν^)
2014-09-24-23-29-11


そのあと歩いてショッピングへ。
2014-09-24-23-33-10
帰りにめっちゃ可愛いワンコ発見www
写真撮ってると飼い主のおじさんが出て来て「むっちゃ可愛いね」って言うと満足げだったww飼い主に似るって言ってたけどおじさんソックリすぎたwww


2014-09-24-23-27-04
ロンドンアイに乗りましたー(*^◯^*)

背景とミスマッチな近未来的乗り物。
多分ひとつのカプセルに15人は乗れそう。みんな歩き回って色んな角度で写真撮ってた( ^ω^ )

どうやらめっちゃ待つらしいので、待ち時間なしチケットを購入。
乗り場に行くと確かにすげー並んでいる!!
一時間は軽く待ちそうな予感…。

2014-09-24-23-27-57
夜景の方が絶対綺麗だからと暗くなって来てから乗ったよ。確かに綺麗だった。



2014-09-24-23-34-45
夜ご飯は妹ハズおすすめのお店フィッシュセントラルへ。
確かに美味しい!地元の人しか知らないらしいので、もしバービカン辺りでご飯食べる事があればおすすめしときます(^.^)

2014-09-24-23-33-57
スモークサーモン。
サーモンのクオリティが高い。こっちはエビとかサーモンが美味しい\(^o^)/

2014-09-24-23-34-07
私の頼んだなんたらかんたらのなんたら…( ˘ω˘ )
骨まで食べられる。ころもがサクサクしてて味も美味しいけどこのデカさww

しかし、パスタはアルデンテにこだわる人には向かないかも。妹の食べてたロブスターのパスタは味付け美味しかったけどパスタはちょっと柔らかめだったかな。
しかし、前日昼に食べたパスタが劇的なまずさだったのでそれに比べると美味しいけどね。
ロンドンで3回パスタを食べたけどどこも柔らかめだったのでもしかするとアルデンテはロンドンでは出会いにくいのかもしれない…( ˘ω˘ )

2014-09-24-23-34-24
海外では、食後のスイーツに本当になんの期待もしていない私。大体甘すぎて一口でギブアップしてしまうんだけど、ここの手作りアイスはチョコも苺もバニラも美味しかったー。甘さ控えめでパクパクいける。
これはもしかすると他のアップルパイやケーキも美味しいんじゃないかと思う(^.^)次回行くことがあればトライしてみよう。



つづく。

ロンドン旅行

ロンドン3日目。

昔からゾンビに追いかけられるのが夢だった私( ˘ω˘ )
いつもサバイバルゲームをしている会社が数週間に一度開催するというゾンビサバイバルゲームに参加してきましたー\(^o^)/
2014-09-24-19-16-12

しかし、当日ロンドンでは自転車レースで交通規制があり、なんと40分も遅刻。
上官に「遅刻ー!!!お前らはそこに立ってろー!!」とどやされるもちゃんと参加できましたf^_^;

5:30〜9:00の3時間半ずっとゾンビとのサバイバルするのかとガクブルしてたけど20人が2チームに分かれて、8個のミッションを交互にクリアしていくシステムで 小休憩を挟むからそんなに体力ない私でも楽しめて良かった(^-^)

途中で停電して真っ暗になった休憩室からみんなで隠れながらムカデ競争みたいな状態でブレーカーの場所まで復旧しに行く作業したり、
BBガン、ペイントガン、レーザーガンと使って最後はレーザーガンでみんなでゾンビを1箇所に集めて隔離して終了\(^o^)/

と思いきや、ドクターがゾンビになって現れて追い詰められた部屋に他のゾンビがわーっと入って来て受付した最初の部屋にみんなで逃げこんで本当に終了ー\(^o^)/\(^o^)/
2014-09-24-19-16-01

翌日はお昼前に起きてアフタヌーンティーへ。
2014-09-24-19-18-03
多分ゾンビゲームでクタクタになってるだろうからアフタヌーンティーでまったりしよう、とこの日程にしました(^ν^)
美味しくて内装の可愛い場所にしようとここにしました。

2014-09-24-19-16-32
私達のテーブルの部屋。
天井にある これはサキュレーターかな?が、ラピュタ思い出した( ˘ω˘ )
2014-09-24-19-17-32

横の階段を降りるとテラスがあって天気のいい日はここでお茶も出来るみたい。
2014-09-24-19-16-54

2014-09-24-19-17-17

スコーンが冷めないようにふきんでくるまれている…嬉しい…(^.^)
イギリスのスコーンは日本でもなかなか食べられない位美味しい…。

その後、このホテルが大英博物館の横なのでふらりと博物館を見て行きましたー。この規模の博物館が無料とは本当にすげーなー( ˘ω˘ )

ロンドン旅行

妹の結婚式に参加するのでロンドンに行って来ましたー。

Twitterでちょこちょこ写真UPしてたから重複しますがご容赦をー( ˘ω˘ )
2014-09-24-02-44-53

妹の住んでるフラットが部屋も貸しているのですぐ横の部屋にステイしてました(^.^)
カンティーンという談話室ぽい部屋の庭にリスが住んでる。うちの妹が餌付けしてペット化していたのたが、どうやら縄張り取られたのか私達が行く数日程前から別のリス、ベイビーベイビーが現れるように…。
2014-09-24-02-51-37
この子も餌付けされてて私が着いた当日には足の上のピーナッツを取りに来て食べる程人慣れしてしまっているww

夜にドライブしようとロンドンの街をゴーカートのようにドライブ。高い建物はシャードというビルで上の方が10室程マンションになってるけど高すぎて2つしか埋まってないらしいwwしかも石油王とかそゆ人が所有してるんだって…。
夢の話だなこりゃ…。
2014-09-24-02-47-08


翌日朝から近くのカフェにふらり。
よく朝ごはん食べてから行くらしいけど都会の外国ドラマぽいと思うのは私だけかい( ˘ω˘ )
2014-09-24-02-49-54
ここのカフェは美味しいけど店員の愛想が悪いらしいw
2回目私が行って注文した時は愛想いいお姉さんだったけどね…。

昼から買い物に出掛けたよ。
ブランド街を散策してると綺麗なお姉さんがジュース乗せたトレイ持って近づいてくる。
え?何?その緑の飲み物いらない!
ってなってたらタダで配っている!?
タダ程怖いものはない。え、いらない!ってやっぱりなってたら妹が「近くにお店オープンしたらしいからその宣伝だよーもらっときなよー」と言うので受け取った。

2014-09-24-02-49-34

ジミーチューのお店だ!!

ちょうど通りかかったので店内見てみようと中を見てみる…。

ムチっとした長身の黒服の男前がトレイにカクテルを乗せて立っている…。
中のお客はカクテル片手にあれが履きたいこれが履きたいとその辺にジミチューの靴が散乱しておる…。
日本のジミチュー店内では考えられない光景…( ˘ω˘ )

そしてもらったジュースはスパイシーな草の味がしました。
飲めたもんじゃねぇ…。オーガニックって書いてるから何入ってるのか見たらプロテインて書いてた( ˘ω˘ )
私の方が美味しく作れる自信あるわこの草ジュース。

タダだし文句は言えないです…。
でも飲み切れませんでした…。

つづく。

ドイツ日記 【8日目】

朝からリューデスハイムへ向かう。

スーツケースは途中でフランクフルト空港で荷物を預けて
着替えだけ持って軽装でリューデスハイムへ…。


今日はライン川クルーズ!!


船乗り場に着いて、船に乗るまでまだ1時間以上…。
船上でビール飲むのにおつまみ買おうと近くでマーケットを見つけ
生ハム、サラミ、オリーブを買うことに…。

9川下りハム

塊!!!
全部欲しい!





英語がまったく…ま〜〜〜〜ったく通じないのでジェスチャーでハムを
お買い物。

「ダンケ!」とお礼を言うと「メルシー」と返ってくる…。


? ?


オリーブのお店。
ここでも英語が通じない・・・!!!!!!!

ここで気付いた…。

このマーケット…。フランス市だったのである…。
耳をよく傾けてみればフランスっぽい音楽が…。

フランス人は英語が全く話せない人がほとんどだというので納得…。
去年フランス行った時もそうだったよ。
そういえば…MSMでもジェスチャーでの会話だったさ。
しかしここでふと疑問。
英語もドイツ語も話せないのに市を開いているのかい?
なんで?



そして乗船。

りゅ・船内カフェ

中は豪華〜。







ここから3時間のクルーズ。
折角なので長めにクルージングを楽しむことにしました。

このクルーズ船。色々種類があるようなんだけど、どうやらお昼頃の船は
昼食をとるお客を見込んで一番豪華なお船だったようです。
私の乗った時間が12時頃だったのでみんなご飯食べてましたよ。



私達は外で酒盛りでしたけどもね。

9川下りおつまみ

買った生ハムとオリーブ。
半分位食べたあと…。




パプリカのオリーブとアンチョビ・ガーリックのオリーブ。



ローレライ。

9ローレライ




昔よく船が座礁してたらしい。










ローレライの像も見たけど・・・
小さかったな〜・・・。

ローレライ像

おわかりいただけるだろうか…。








ちっさなお城がポツポツ。
のんびりぼんやり…。

りゅ・川城
お城は小さめ。

上流の方が大きなお城が多いらしい。
私達は中流からの乗船だったから
小さなお城ばっかりだったな〜。







9川下り2

途中船着場が何箇所かありました。

クルーズの時間を自分で調整できて便利。




9川下りこんな感じ

船から後ろ見るとこんな感じ。

水の色はにごにご…。







下船。

9川下りした船


船の外観はこんな感じ。




全長ありすぎてファインダーにおさまらないっていう…。
お船でご飯食べつつ商談しているスーツのおじさまたちもいました^^
スーツスーツ!



船着場からホテルまで歩いて5分程。

これがホテル。

9リューデスホテル

クラシカルで素敵でした^^

部屋はなんとメゾネットタイプ。
天窓もあって解放的でした。









ホテルで荷物を置いたらすぐに
リューデスハイムで有名なワイン横丁を散策。
お土産のお店とレストランだけの小道。

りゅ・店2

古い建物とツタや緑が凄く
雰囲気ありました〜^^

ここのお店もおしゃれ。








りゅ・店1








9リューデスワイン横丁

これまで色んな都市を回ったけど
アスパラのコースメニューが充実
していたのはこの界隈だけでした。

どのお店のメニューや看板にオススメで
アスパラ!って書いてた。






夕食はお肉を食べすぎてあっさりしたものを食べたかったのと
アスパラをたんまり食べたかったのでアスパラの料理が充実
してそうなお店をチョイスしました。

(お店の外観を撮り忘れている…)

アスパラのスープ!!

9アスパラスープ

中にゴロゴロのアスパラが
入っている^^

スープもちゃんとアスパラの風味が。
口当たりがなめらか〜。







アスパラのサラダ!!!

9アスパラサラダ



これが食べたかったヽ(=´▽`=)ノ

おいちい!



あと、なんかお魚のプレート頼んでたけど私は興味なかったので
手を付けず…。



最終日+おみやげのお話に続く・・・

ドイツ日記 【7日目】

今日は朝からツイていた。

朝食取ってるお隣の席がアツアツのゲイカップルだったのである。
(ネタでもなんでもない)

ゲイの方は見ると大体わかる。オーラ的なものが…というか仕草が妙に
女性的なのですよ。あと、オープンにイチャイチャ。

男女のカップル的ではなく殆ど百合カップルみたいなイメージ。
どちらもなかなかの男前で眼福…。



朝から列車でハイデルベルグ日帰り旅。

今日は生憎の雨。でも小雨程度。

でも、さささ寒い。

ハイデルベルグ城へ向かうにはケーブルカーで。

8ハイデルケーブル



ワクワク…。









ハイデルベルグ城を散策している間に雨もやんで気温も少し上がってきた。
廃墟のような外観。

8ハイデル城1



まるでラピュタの城…。





8ハイデル城2

8ハイデル城ラピュタ





8ハイデル城崩れた












お城から城下を見下ろした風景。

8ハイデル街並み










城の中を散策。

8ハイデル城内
8ハイデル城内木







8ハイデル城cafe




















城内に入ってカフェを発見。軽い昼食を。

8ハイデルワイン樽カフェ








ケーキとフランクフルトをわけっこして食べる。
安いしおいしい!ここのケーキは日本人のお口にもあうと思います。
ケーキが3ユーロしない。でも大きさは1.5倍。

このカフェには大きなワイン樽がありまして。
天井まで…。

8ハイデルワイン樽



奥のものは2番目に大きい樽。









階段下の奥の部屋にはもっと大きいのがあるんだけど写真に
おさまらないんだぜ。
直径7Mだよ。どんだけワイン好きなん…。

城下へ下りて旧市街をぶ〜らぶら…。
途中試験管みたいな入れ物に入ったリキュールのお店を発見。
色々試飲してメロンとイチゴミルクのリキュールを買う。

8ハイデルリキュール

ピンク色のリキュールv

ラブリーすぎる。

色も可愛いけど美味しい^^







それから水で溶いて使うスパイスとマスタード。
これが絶品。もう1セット買えばよかったくらい美味しい!!


カール・テオドール橋で出迎えてくれるこの猿の像。この触りまくられて
金色にテラテラ光ってる部分を触ると…お金持ちになるってジンクスが
あるんですと。勿論触ってまいりましたともさ。
お金持ちか〜〜〜ウキウキ。

8ハイデル金持ち像







8ハイデル橋









で、橋を渡り、絶景を眺めつつ酒盛り。
勿論さっき買ったリキュールをな。

8ハイデル飲みながら

橋に川にお城に綺麗な街並み…。

お酒がすすむぜ。






ゴクゴク。





8ハイデル酒カラ・・・




カラ・・・








酔いどれつつ旧市街に戻って散策。賑わっておる。

散策しつつ夜ご飯のお店をリサーチ。
妹曰くポイントはヨーロッパ圏のウエイターが働いている。という所らしい。
ふむふむ…。

昨日の悪夢でみんな完全に疑心暗鬼になっていた。
またあんな店に入ってしまったら立ち直れない…。
慎重にお店をチョイス。

ウエイターは完全にドイツ人だったけど、どうやらイタリア人が
経営・厨房を担当しているらしい。
(妹はお国まで見分けるスキルを身につけていた…)

しかしこれが大正解。
イタリアは…料理も美味しい国だからである…。
もしかするとここのお店がこの旅で一番美味しいアタリのお店だったかも
しれない。

なにせハーブの使い方が実に奥深い。

8ハイデルご飯海老

ライスもタイ米だけど
炊きたてなのでスープと
絡めるとじんわり
馴染んで美味しくなる。




鮭のプレートも魚自体は日本で食べる方が断然美味しいんだけど
ほうれん草のソテーにかかっているソースがなんともいえずおいしくて
にんにくとバターの香りが最高。

8ハイデルご飯鮭

じゃがいももおいしい^^





スープも美味しかった〜^^
おすすめの白ワインも安いしとても後口爽やか…。

なにより美味しかったのが絵に描いたようなお髭をたくわえた
おじちゃんウエイター。
執事を地でいけそうなツンケンぷり。
妹が英語でメニューについて問いかけると一瞬目を丸くする。

どうやらドイツ語しか話せない、英語は単語のみ。って感じ…。

注文に手間取っていると「フン」と鼻を鳴らしていました^^;
ツンデレおいしいです。

でもとても親切。ボトルを入れようとしたら
「3人で飲むならグラスの方がお得だよ」
と教えてくれたり。

そしてツンツンだったのに食事が進むごとに徐々にデレが…。

チェックの時、妹がドイツ語で「美味しかったです」っていうと、
とうとう満面の笑みでありがとうって言ってた。

デレデレやん…(*´台`*)



こうして前日のフランクフルトの悪夢は私達の心から
消え去ったのでありました。


続く…

ドイツ日記 【6日目】

朝からローテンブルクの城壁をテクテク。

7城壁2

こういう塔の階段からのぼります。

いろんな所に階段あったよ。








7城壁1








7城壁から家


かわいい家^^









ローテンブルクは全長3.5キロの城壁で囲まれた中世の街並みが残る
小さな町。
上から見ると鳥の足のような形をしている…。


城壁には色んな人のプレートがあり中にはJTBや資生堂。
日本人の名前もいっぱい!

7城壁寄付

個人名はアレなので。

名前と出身地・寄付した年が
入れられるみたい。



1口1000ユーロの寄付でプレートを付けてもらえるそうな。
私もやりたかった!!!!!!!!!
しかしどこでどうすればいいかもわからず…。




城壁のプレート見ながらテクテク歩いてたら外国人のおじさんが
日本人のプレート指して
「これ君のプレートじゃないの〜?」
と、愉快に聞いてきた。
私が「ちげ〜しww」って笑ってたらおじさんが後ろにいた奥さんに
「ちょっとアンタ!やめなさいって!」
ってどつかれていましたよ^^
外国の方ってみんなフレンドリーねv

7ローテン街並み

有名な場所。





7ローテン橋

城壁の外もとっても
雰囲気あって緑もいっぱい。
散歩に最適。

完全にRPGの世界。







7城壁中1

城壁の内部にも入ったり
できる。わくわく。
冒険みたい。

なんかモンスターとか
出てきそう。

わくわく



7ローテン中央広場1


城壁内の有名な
マルクト広場。
ここでお茶しました。




歩いていて思ったのはお家のいたるところでバラが
綺麗に咲き乱れている。

もうほんとに綺麗なの。

家のバラ


うちのバラは…なんで
あんなにきちゃないん…??

こんな風にしたい…。








ローテンブルクにはクリスマスショップがある。
中に入ると撮影禁止。

ツリー


撮れたのは
このツリーまで…。









中に入って驚愕…。入り口からはおよそ想像できないほどの広さ。
東京ドーm… 盛りすぎました。でも下に横に凄い広い…。

しかし、撮影禁止になっている理由がわかる。
なんという夢の国!!!

ここで半日時間が潰せるよ。

アシのMイコはクリスマスだいすきっこなんだけども
Mイコがここに来たならば「ここのツリーに住む!」と
駄々をこねるに違いない…。




昼になってフランクフルトへ移動するため駅へ。
ローテンブルクの駅で小学生のご一行に出会う。(遠足帰りかな)
私達の顔を見るなり「ニーハオ!ニーハオ!!」とご挨拶。
私が「違うよ。コンニチワ」って言うと
「コンニチワ!?じゃあニーハオって何語!?」って聞いて
来るので妹が中国語だよって教えるんだけど伝わらない。

ドイツでは日本をヤーポン。中国をチーナって発音するのである…。

電車を待っている間話したくて仕方ないらしく、ブロンド少年が
「ドイツ語話せる?」と聞いてきた。
「いんや、全然」って答えると、「あ、そう…」と少年しょんぼり。
「じゃあ、英語は?」ってまたその少年が聞くので妹が
「英語は話せるよ。君は?」と聞きかえす。
「え。話せない…」と、少年しょんぼり。
何がしたかったんだ、君はwww可愛すぎる…。

5分ほどして電車が到着。

電車に乗る前またもやそのブロンド少年が英語で
「あなたは日本から来たのですか?」と聞いてきた。
妹が「そうですよ」って答えるとみんな一斉に歓声。
先生が「オイオイ、やるじゃね〜の!」と褒めている。
ドイツ人可愛いぜオイ…。


途中ビュルツブルグで下車してぶらり。
有名なアルテマイン橋へ。

7ビュルビール

像にビール瓶持たせたの誰だ…。











この橋で何故か筋肉がいい感じのムチムチ半裸(下は海水パンツ…?)
の20代の男子2人が楽しそうに歩いていてこの国の素晴らしさを
まざまざと見せ付けられた気がした。
ムチムチで男前2人組。眼福眼福。
写真におさめなかった自分を今呪っています。

ひとつ気になっている事は…
君たちのご関係は…?

「友達」なんて月並みな答えはおとといきやがれ。





世界遺産のレジデンツへ。
圧倒される…。裏のお庭は三角カットの植木が^^

7ビュル三角木

この植木めちゃでかいんだぜ。











表から…。噴水の中で戯れるカップルが印象的でした。
映画の中だけだと思ってました…。

7ビュルレジデンツ

入りきらないほど

でかい!!!






また列車に乗ってフランクフルトのホテルへ…。

そしてこの日の夜ご飯…。ここでぼったくりを働かれた。

「ツム・シュタンデスエムトヒエン」

某ガイドブックにも載っていたお店。
料理も酷かったんだけどそれだけならば店名は出さないでおこうと
思ったんだけど…ぼったくりを働いたのでしっかり載せてしまいます。

日本人は外国でもよくぼったくられるのですが…うちの妹は黙っていなかった…。
私がカードで支払ってしまった後だったので戻ってこないし、
後の祭りだったんだけど
「ちょっと高くない?」と妹が店員にレシート見ながら抗議。

結局メニューも見せてもらえず…。

レシートは先にしっかり見ておくべきですね^^;失敗失敗…。
そんなに高額でないとついつい見落としてしまうのと言い出しにくい
というのもありますね…。

今までのお店が超良心的だったのと美味しかったので気が緩んで
おりました>m<

ちょろまかしも腹が立ったけどそれより料理のまずさに…ライスは芯が
残ってアルデンテなんてものではないしジャガイモのパスタは生茹でだわ、
豚スネ肉はパッサパサで作ってどれだけ放置していたんだわ…で
酷いものでした。


ガックリと肩を落としホテルへと戻る…。
虚しい思いままその日は終了。

続く…
オトナ経験値

オトナ経験値

オトナ経験値



妄想エレキテル

妄想エレキテル

妄想エレキテル









酷くしないでplus+ 2<電子限定>

酷くしないでplus+ 2<電子限定>

[著]ねこ田米蔵

同人誌の再録集2冊目です。



酷くしないでplus+<電子限定>

酷くしないでplus+<電子限定>

商業未発表(同人誌)の電子書籍です。



酷くしないで

酷くしないで

酷くしないで

[著]ねこ田米蔵

Renta!さんで3巻の配信始まりました!



神様の腕の中〜満ちる部屋season1〜

神様の腕の中〜満ちる部屋season1〜

神様の腕の中〜満ちる部屋season1〜

[著]ねこ田米蔵

商業誌未発表。同人誌作品です。



つなびぃ見れない方は下からどうぞ
よんたこ日記
月別アーカイブ
livedoor プロフィール